博多にわか50作品を紹介【ネタ一覧】

1. 花 見

「舞鶴城ぃ桜の花ば見ぃ来たところが頭の中で会社の上役の顔のちらつきよる。なしかいなね?」
「そらぁ、そこの場所なら、上司(城址)の気ぃなる」

2. 博多どんたく港まつり

「どんたくは好きな格好で出てよかげなが、着らっしゃあ衣装は軽うはなかろうね?」
「そらぁ、どんたくぃ出らっしゃあ気持ちのことじゃけん、 重い重い(思い思い)で出らっしゃあ」

3. 山 笠

「山笠の男らしか姿の写真ば撮って、友達ぃ送ろうと思うとる。郵便じゃのうて宅急便がよかろうね?」
「いいや、山笠なら 郵送(勇壮)でよか」

4. 夏休み

「あたきと彼女がベンチで仲ようしよったところがどうかいな。そばの木で せみの鳴きよった」
「そらぁ、おおかた、そこのところは、せみぃ見られとるばい」
「そげなことはなか。せみぃ『見たろう?』て聞いてみたところが言いよった、  『見ん見ん(ミンミン)』て」

5. 放生会

「放生会のありよる筥崎宮は人出の多かが、どれぐらいの人が来ちゃあとかいな? 一万人ぐらいは来ちゃあとかいな?」
「そらぁ、一万人、二万人ちゃ言いめぇ、筥崎宮のことじゃけん、 八万(八幡)に決まっとる」

6. もみじ狩り

「もみじ狩りの時季じゃけん、役所ぃ勤めとる友だちが筑紫耶馬溪ぃ、行こうて言いよった」
「そらぁ、プライベートで行くとな?役所の用事で行くとな?」
「そらぁ、この時季のことじゃけん、公用(紅葉)で行く」

7. クリスマス

「今年一年、営業もがんばったけん、十二月もクリスマスのころには よか結果の出ろうね」
「そらぁ、そのころには、成果(聖歌)も出る」

8. 正 月

「正月で使うはがきののうなったけん、買うて来ちゃれて何回も何回も言うて、チェックまでしなるが、なしかいな?」
「そらぁ、そのはがきのことじゃけん、念が(年賀)いる」

9. 合格祈願

「菅原道真公ば祀って学業にもご利益のある大宰府天満宮にお参りに行きよったね。その帰りにトイレットペーパーば買いよったがどげんするとや?」
「希望の学校に入学のでけるごと、紙(神)ぃ祈る」

10. 卒 業

「卒業式で卒業生にお金ば渡いて送ろうて言いよんなったばい。それも百円玉、十円玉ばやろうて言いよんなった」
「そらぁ、卒業式のことじゃけん、贈るとは硬貨(送るとは校歌)でちゃよか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする